2017年01月14日

ハッチの週間身辺雑記

お正月が過ぎて、平常の一週間が戻りました。
大雪警報が出て心配が大きかったけれど、このあたりの積雪は10センチほど。その日のうちには四駆でなくても走れたくらいで安心しました。
数年間、我が家には四駆の車がなくて、冬の間にニュージーランドで過ごす友人から借りていたのですが、昨年の秋、古いジムニーをヤフオクで手に入れました。
ジムニーはこれで4代目という、夫のジムニー好きです。
全部のジムニーが2ストという、マニアックなもので、こんなボロ車のどこがいいのかと私は思うのですが、修理工場の人も「これは大切に乗ってください、価値が出ますから」と夫を喜ばせてくれています。

習い始めてちょうど半年になる点字講習が、この火曜日、本年最初にありました。
「読む」ことはほとんど終わったのですが、まだ残っているのが「記号」。
これが何種類もあって複雑で、とうてい覚えて使えるようになるとは思えないなぁと思っていると、先生が「覚える必要はないです。こういうのがあると知っておくだけで大丈夫」とのこと。
こうした記号は、印字を点訳する際に、点字文法として必要になるものだそうです。
それにしても、点訳ボランティアさんって、つくづくスゴイと思います。
独特の点字文法を駆使して点字を打つ、それも長編小説など大変です。出来上がったものを「校正」するのって、どうするのでしょうか?

どうも私の周りでは風邪を引いている人が多いようです。インフルエンザもかなり流行しているみたいですね。
今週は体操教室に行こうと思っていたのだけれど、私を連れて帰ってくれる人が風邪をひいて行けなくなり、私もちょっと風邪気味なのでお休みしました。
この体操教室には夫が連れて行ってくれ、友人夫婦が私を送って帰ってくれ、我が家でみんなで簡単なランチをするのです。
夫は以前は一緒に体操教室に行っていたのですが、あまりにできないことが多いので、どうもイヤになったらしく、最近は全然行きたがらない。
体操といってもドタバタする激しいものではなく、東洋の呼吸法がベースのものなのですが、それさえうまく呼吸できずに、とっても疲れるそうです。
困ったチャンです。

ここ八ヶ岳にもナント、オイスターバーが昨年からできたんですよ。
山の中でオイスター・バー?って感じなのですが、友たちと行ってみようとしたものの、何故かみんな「どうもねぇ」と気乗りがしなくって、結局フレンチにすることになりました。
フレンチといっても高級なレストランではなく、店は一応「ビストロ」と書いてありますが、ビストロというよりは「ブション(居酒屋)」という印象で、メニューはとってもベーシックなリヨン料理です。
フランスの普通の家庭でよく食卓にのぼるような、そんな料理のフレンチが、私は大好きで、例えば神楽坂のリヨン料理の「ルグドゥノム」もそうですが、気取らずゴタゴタしてなくて、一皿で充分お腹がいっぱいになる料理がいいです。
(「ルグドゥノム」というのは、リヨンの古い町名だそうです。)
風邪気味だったので、量は少しにしておきました。

私は風邪をひいても薬は飲みません。
症状はどんな病気でも理由があって出るもので、熱が出るのは白血球を増やして風邪のウィルスと戦おうと体がしているのですし、食欲がないのは消化のエネルギーを少なくして、その分のエネルギーを回復に使おうとしているからです。
そんなときに「栄養をつけなくっちゃ」とばかりにたくさん食べてると、良くなりません。
熱冷ましは、せっかく熱で体を温めようとしているのに、体を冷やすことになります。
風邪をひいたときにすぐに薬を飲んでいると、免疫力が落ちて、たびたび風邪をひく体になってしまう。
もちろん何週間も咳が止まらない、熱が下がらないというときには、肺炎や他の病気ということもあるので、その時には病院へどうぞ。
夫は風邪をひくと、とにかく眠りに眠ります。ご飯はせいぜいお粥で、それもあまり食べなくて眠り続けます。
それはまるでハッチ君のよう。ハッチは体の具合があるい時には、何も食べずに眠っています。
夫もハッチも、健康知識はないのだけれど、体がどうすればよいかを本能的にしっているようです。
だけど夫は、たかが7度5分くらいの熱で、もう死にそうな顔してます。熱に強くて39度あっても洗濯する私が少々具合悪くても、同情してもらえないのは悲しいですが。。
(今回私が風邪気味になってしまたのは、いつも摂るホメオパシーの冬用のレメディを買い忘れたからで、うっかりミスをしちゃいました。)

お正月のお煮〆の野菜の切れ端が残っているので、恒例の散らし寿司を作りたいと思うのですが、このあたりでは良い焼き穴子が手に入りません。
せっかく金時人参や牛蒡や酢バスがあるというのに。。
散らし寿司には絶対に穴子を入れなくっちゃ、美味しくない!これは鰻のかば焼きではダメなんですね。
さよりの酢〆があればもっと瀬戸内らしくなるのだけkれど、これは絶対になくてはならないものではないので、あきらめがつきます。
スーパーで売っていなくもないのですが、どうも見ただけで買いたい気にはならない代物。さりとて関西の方から焼き穴子を取り寄せするほど散財はしたくない。
だって昨今は、鰻だけでなく穴子も目が飛び出るほど高くなりましたから。
穴子の変わりをどうするか? 揚げ湯葉で代替としましょうか。。

この週末は特別に寒い予報が出ています。北日本にお住まいの方は暴風雪だそうです。
甲府でも−7度、ということはここでは−10℃まで下がるかも。
寝室に暖房器具を置いていない友人は「部屋が2度ですよ」と言う時があるけれど、この週末は0℃になりそうです。部屋がそんなに寒いなんて、私なら起きるのがイヤだ。
フトンから出るのに勇気が要りますよね。
そうでなくても、冬になると早起きができなくて、どうかすると起きると8時半ということがあります。
年寄りは早寝早起きになると言いますが、我が家では早起きは今でもできません。
就寝は11時から12時。起床は7時から8時ということろ。
若いころと違うのは、ずっと寝通せるわけではなく、手洗いに起きたりすると、1時間くらい眠れないことが多くなりました。

点字講習の宿題が出ていて、作文を2つ、書くこと。
もちろん、点字文法に沿っての文章です。
うーん、できるかなぁ?今週末はこの宿題で頭が痛いです。


posted by 北杜の星 at 08:39| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。