2017年01月16日

吉田修一「犯罪小説集」

「悪人」は吉田修一にとっては金字塔のような作品だった。
作家が人間の底に巣くう「悪」に心動かされるのには、なるほどなと納得できるものがある。
吉田週一は「悪人」の少し前あたりくらいから、そうした小説に手を染め始めていたようだ。
最近では辻原登も同じで、犯罪に関する作品が多くなっているようだが。

それはそれで書くテーマとしては理解できる。
だけどこのところの吉田修一は、ちょっとマンネリではないだろうか。
「悪人」があまりに売れて、編集者もこの路線を継続して行きたいと考えているのかもしれない。
でも、この「犯罪小説集」はいただけない。
なんというか、新聞の三面記事をちょこっと脚色しましたという感じなのだ。

失踪した女の子と、縁日で偽ブランドのバッグを売る外国人母息子。
元同級生のスナックのママの、痴情のもつれからの殺人。
名家の男がギャンブルにはまって。
故郷の田舎に戻ったものの、閉鎖的な土地の住人とうまくいかなくなって、とうとう壊れていって、数人の村人を殺してしまう。
元プロ野球選手が落ちぶれて、借金を重ねる。

・・という5篇の短編なのだが、これをう読んだだけで「なんだかなぁ」と思いませんか?
私も、もっと思うべきだったんですよね。そうすればこんなつまんない小説を読まなくてすんだのに。
読む間からストーリーがわかっていて、しかもすごく雑に書き上げたという印象しか持てない小説集だった。

私はけっして吉田修一が嫌いではないのです。
初期の「最後の息子」や「パーク・ライフ」「春、バーニ^ズで」などは、本当に好きだった。
軽くてセンスがあって、それでいてどこかハッとするような切り口で人生を見せてくれた。
あのセンスはどこにいってしまったんだろう?
どこか面白悲しいあのユーモアも、今は全然ない。

作家にとって、ベストセラーというものはある意味、怖いものですね。
「悪人」があんなに売れなければ、もっと違う吉田修一ができたのかもしれない。。
(「悪人」はスゴイ小説だと認めますけど)。

残念です。こんな吉田修一なんて読みたくないよ!
posted by 北杜の星 at 08:20| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。