2017年04月29日

ハッチの週間審判雑記

いよいよゴールデン・ウィークですね。
途中を休めばけっこう長い休暇となるので、旅行するひとが多いことでしょう。

こちらは今、山桜がきれい。
鶯も鳴き始めています。冬鳥と春夏鳥jの入れ換わりとなりました。
これからは「山笑う」の季節。山の緑の重なりは目を奪われるほど美しいです。

先週、目がゴロゴロして眼科に行ったら「逆さまつげ」と言われたt書きましたが、これって加齢現象なんですって。
つまり目の周りの筋肉が衰えて、瞼が目の内側にめくれるのが原因だとか。
眼瞼下垂という、上瞼が下がって眼球の真ん中より下にきて、モノが見えにくくなる病気は知っていて、これは私の夫も数年前に手術をうけました。
(この手術は美容整形なら手術費が高いのですが、病的な下垂ならば健康保険が適用されます。術後、先生は夫に「カワイイ目になりましたよ」と言ったそうです)。
内側に瞼がめくれるなんて考えてもいませんでした。
歳を取ると本当にいろんなことが起こるんですね。
軽いステロイド剤目薬で、4日間で治りました。

iphoneはまだ全然慣れません。
欲しない画面が出てばかりで困っています。これまで使っていたガラケーとはコンセプトがまったく違うので、まずこれに慣れることが肝心なのですが、頭の固くなった私には大変です。
でも早くリマインダーやメモなどを駆使できるようになりたいです。
それらもすべて「音声」で出来るのですが、これは見える人に訊ねてもわからない人が多いので、視覚障害者支援の先生にお任せしようと思っています。
でも、新しいことをするのは難しいけど、楽しい。
この楽しさがある限りは、まだ大丈夫かな?

山梨県北杜市といっても、市町村合併で新しくできた市の名前なので、全国的には周知されていないかもしれませんが、「清里」とか「小淵沢」があるところと言うと、「あぁ、あの」とわかるのではないでしょうか。
その小淵沢がこのところちょっと新しい風に吹かれています。
リゾナーレという素敵なホテルがあるのですが、リニューアルのためしばらくクローズしていたのが先週からオープンとなりました。
ここはホテルの建物がドーンとあるのではなくて、まるでイタリアの山岳都市のように「路」があって、その両側に客室が並んでいるという、かなり変わった造りで、そぞろ歩きにはもってこいなのです。
これまで何回かオーナーが変わっていて、現在はあの星野グループの経営となっています。
山梨県や長野県の若い女性にとっては憧れの結婚式場でもあります。
だけど、客室の下にあるショップはどうもパッとしなかった。美味しいカフェもあまりなかった。どの店の小品も値段が高過ぎ。
でもリニューアル後に覗いてみたら、かなり期待できそうなお店が並んでいました。雑貨の店もセンスあるアウトドア派になっていたし、ちょっとランチすrにも気軽に利用できそうなところが多くなっていました。
GWはすごい人となることでしょう。

ランチと言えば、これも新しいお店が小淵沢にできたのです。
アルソアという自然化粧品が小淵沢に本社を持っているのですが、この本社はイタリア人有名建築家のマリオ・ベリーニ設計で、社員食堂は玄米菜食。
なかなかお洒落な会社です。
そこのすぐ近くに新たな施設が出来たのです。ホールとか研修施設とかがあるのですが、カフェ&レストランもできました。
建物は若手日本人女性建築家。施設の「女神の森」、カフェが「奏樹」というネーミングには気恥ずかしいものがありますが、空間は素晴らしい。
早速ランチに行ってきました。
ここもアルソア本社と同じように、基本的には玄米菜食。三つあるメニューに一つだけサーモンが入っているのがあってこれを注文。
サラダは好きなだけお替わりをボールで持って来てくれます。私は2回もお替わりしちゃいました。
プレートにはいろんな種類の野菜や粟などの穀物。男性でもこれならお腹いっぱいになるんではないかと思わるくらいの量でした。
爽やかな広々としたスペースで、これから周りの緑が整うともっと落ち着くことでしょう。
リゾナーレにしてもここにしても、訪れる場所が増えるのはうれしいことです。
昨年火事を出して休業していた清里の「ロック」も、今週から再建されました。
「ロック再建募金」が行われたほど「ロック」ファンは多く、カレーや地ビールの人気もさることながら、「ロック」の文化的役割はこのあたりの人たちにとっては伝説となっているほど大きなものがあるようです。

GWの私たちの予定はいまのところ、二つだけ。
今日のランチには蓼科時代の友人夫婦が恒例のGWテラス・ランチにやって来てくれます。
いつも笑ってしまうのですが、こちらは春でも蓼科はまだまだ冬っぽさが残っています。その証拠に彼らの服装が冬服のまんま。
それを見ると「あぁ、蓼科からだ」と思ってしまいます。
昨年ポルシェを買ったので、それに乗ってビュイーンとやって来ますが、旦那様のほうはワインを飲むので、帰りは彼女が怖々と運転して帰ります。
それがとってもカワイイ。

もう一つは明日のランチ。
絨毯ギャラリーがGWに催す珈琲と軽食の会に参加します。
我が家の暖炉の前に敷いてあるギャベはこのギャラリーで購入したもので、暖炉の火の粉が飛んでところどころ焼け焦げができていますが、しっかりしていて重宝しています。
食卓の下用にも欲しいのですが、「これはいいな」と思うものは、半額セール期間中でも100万円するので、とてもとても手が出ません。
夫は薄い絨毯よりは厚手のギャベの方がお気に入りなのですが、私は値段が高いのなら薄手のほうが好きです。
じゅうたんに関しては意見が合わないのがなによりで、もし合えば「買おうか!」ということになるやも。。
そうなれば大変ですからね。

もしかしたら、その他にも友人との食事予定ができるかも。
でも旅行とかはないです。静かに家出過ごします。
南アルプスも八ヶ岳もまだ白く雪をかぶっています。山桜と雪の山・・ここがもttも美しい季節なのです。

そうそう、毎年GWになると掘ったばかりの筍を届けてくれる友人がいるのですが、今年は筍が絶不出来と聞きます。
なにしろ掘って1時間以内の筍、そうでなくても筍大好き人間の私にはたまらない美味しさなのです。
どうなるのかな?もし採れなくてもそれは仕方ないので、せめていつものように顔は見せてほしいものです。
posted by 北杜の星 at 07:58| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。