2017年12月16日

ハッチの週間身辺雑記

めっきり寒くなり、最低気温が−5℃ということも。
そんな朝にはさすがのOMハウスも、室内気温が17℃くらいにまで下がります。
昨年までなら暖炉を焚いていたのですが、ハッチがいなくなでからは、焚かずに済ませています。
ハッチの夫の顔をじっと見るあの「暖炉、焚いてよ」目線、懐かしい・・

今週の大ニュース、それはなんといっても、広島高裁で伊方原発3号機の運転停止判決が出たことです。
伊方原発は以前からその危険性が指摘され続けてきたころで、活断層の真上に建設されています。
もちろん日本の原発のあるところは、どこでも同じ危険性を持っています。
この判決が良い引き金となって、他の原発にも波及することを願っています。
四国電力はこの判決に非常に驚いたと言いますが、電力会社や政府が一番、わかっていないのですね。
というか、わからないふりをして経済優先ばかりを考えているのでしょう。

もう一つの大ニュースは、とてもプライベートなものですが、夫が初めて自分の料理で友人をもてなしたこと。
お気に入りの上田淳子さんレシピのフランス料理(とっても簡単な家庭料理です)からの一皿で、鶏もも肉とカブの軽い煮込み。
それを作る予定にしていたところ突然彼がそうだ、Iちゃん夫婦も呼ぼうか」と言い出し、材料追加で作り始めました。
この料理は他のとちょっと違って、カブを半分潰してソースにするというひと手間がかかるもので、彼にとっては一番大変なものですが、体が温まって美味しいのです。
ブロッコリーと人参サラダは私が担当。

出来上がったちょうどその時、Mさんから用事があって夫に連絡が入りました。
え?Mさんの奥さんはたしか沖縄に演奏旅行中。彼は一人のはず。夕食に呼んであげよう。
と、4人分を5人で食べることに。
「他のものを作ると、オレの料理に集中できなくなるから」とサラダ以外は何もない献立だったのですが、まぁ、みんなでワイワイ食べる方が楽しい。
ダイエットに適した量の夕食でしたが、いろんなバカ話をしながらおもしろかったです。
肝心の夫の料理も好評で、これからこういう機会が増えるのかな?
上田淳子さんの本、野菜のレシピ集も買いました。これもどれもすこぶる美味しそうで、春夏はサラダ系、秋冬は蒸し煮にしたり焼いたりの温野菜。
これもメインと一緒に彼がつくれるようになれば、私はラクになります。

毎年この頃になると、知人からクリスマス飾りが届きます。この飾り、年によってテーブル用だったりリースだったり。今年はリースでした。早速玄関ドアに飾ったら、とたんにクリスマス!
知人の妹さんが自由が丘でセレクト・フラワーアレンジメント・ショップを経営されているそうです。
その妹さんはイギリスでフラワーアレンジメントを学び、自由が丘にお店を開きました。
企業やお店やイベント、ウェディングのオーダー・フラワーはもちろん、スクールも主宰されていて大活躍されている方です。
センスがいいのはもちろんですが、なんといってもナチュラル感が素敵なんです。
こういうセンスの人って花だけではなく、生活全般にセンス良いのでしょうね。人生を豊かで美しく過ごせるのだと思います。
毎年このクリスマス飾りを見てうっとりしながら、こういう能力を持たない自分に嘆息するばかり。

今月初めから始めた夫の低FODMAP食、まだ続いています。3週間んは続けるみたいですよ。
小麦などの麦製品(パンやパスタ)、豆類、乳製品、にんにく玉ねぎ、ジャガイモ以外の芋類、食品添加物などを除去した食べものです。
天ぷらは小麦粉が使われているからダメ、カツ類も同様にダメ、ギョーザやシューマイもダメ。
牛乳はライスミルクで代用。家の近くに良い自然食品店があって本当によかったです。
でももっともかわいそうなのは、パスタとパンが食べられないことでしょうね。なにしろパン大好き人間ですから。
なのでこれはグルテンフリーの代替品を買うことで少し解決。
グルテンフリーのパスタはとうもろこしでできていて心配しましたが、食感はあまり変わらないのでよかったですが、問題はパンです。
米粉のパンはやはり小麦とは違うので、大満足というわけにはいっていません。
焼き菓子の好きな彼のために米粉でパウンドケーキを作りましたが、これは普通のと遜色なく出来上がり、お茶の時間を楽しめています。

驚くのは、夫がかなりストイックにこの食事制限を守っていることです。
(そういえば40年前に煙草を止めた時も、「今日から吸わない」と決意して以来、煙草を吸いたいと言ったことは一度もなかったです)。
干し柿を頂いて軒下にぶら下げているのですが、干し柿大好き人間の彼にとって、それを眺めるだけなのはかなり辛いことだと思うのですけど、じっと我慢してます。
少しっでも高FODMAP食品は食べようとしません。
だから来週の我が家恒例のクリスマス・パーティの献立、彼も一緒に食べられる料理を考えている最中ですが、まだ決定事項となっていません。
さいわいなことに肉や魚や卵の制限はないのが助かります。
招待する予定の友人の中にも糖質ダイエットをしている人がいるので、それも考慮しなくてはと、ますます考え込んでしまいます。
何でも無防備に食べて平気だった時代って、あれは若かったからなんですね。

都会では今のシーズン、毎日のように忘年会とかクリスマス・パーティが続く人も多いことでしょう。
どうぞ胃腸の調子にお気をつけください。

posted by 北杜の星 at 08:04| 山梨 ☀| Comment(0) | ハ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。