2016年10月17日

三浦哲郎「燈火」

大好きな幻戯書房の銀河叢書のうちの一冊。
銀河叢書とは、敗戦後70年を過ぎてなにもかものスピードが速くなって、美しい言葉もボロボロと失われていくなか、文学的想像力を刺激する埋もれた作品を精選し紹介するもので、これまで十数冊が発刊されている。
並ぶのは私好みの作家、例えば木山捷平、田中小実昌、小島信夫らなのだから堪えられない。
そしてここに三浦哲郎が初登場した。

正直にいえば、三浦哲郎をよく読んできたとは言えない。
彼の自伝的代表作は私にとtっては少しばかり情緒というか情感が多すぎる印象だったからだ。
しかし生家において、二人の姉が自殺、二人の兄が失踪という境遇で、そのことを小説に書くとしたなら、そうなるのは仕方ないことだったのかもしれない。
この「燈火」もほとんど自分の家庭と家族を描く連作短編集なのだが、驚いた。
三浦哲郎ってこれほどの書き手だったの!?
なぜ、これまで読んでこなかったのか、本当に後悔した。
文体と言葉の簡潔さ、それでいて過不足ない事象の描写は心象すべてを表している。
ただ残念ながらこの作品は未完に終わっている。
あるところに連載していたのだが途中で病気になり中断。そのままになったらしい。
だがそれでも十分、作品の素晴らしさに変わりはない。

主人公の作家馬淵は故郷の北の街で、ある女性との会食直後に、大量の吐血をして倒れた。胃潰瘍だった。
劇的な始まりなのだが、劇的なことばかりが続くわけではない。
むしろ家族の細々とした日常の、ささやかなできごとが綴られているのだ。
染めるのをやめた妻の白髪、長女の結婚、次女の独立、故郷に住む弱視の姉の火の不始末、旧友の死・・
ありふれたことばかりといえば、ありふれたことばかり。
それでもそうした出来事から派生する波はあるのだ。

作者の長女の方がこの本が出版された経緯について後記されている。
そして佐伯一麦が「日常の時間の厚み」という解説文を書いている。
佐伯一麦も日常を描く氏小説家である。二人に共通するものがあるのだろう。
・・と思ったところで、思い出した。
佐伯一麦は現在、山梨文学賞の小説部門の選考委員を務めているのだった。
三浦哲郎は亡くなるまでずっと選考委員だった。それを引き継いだのが佐伯一麦。
今年選考委員の一人であった津島佑子も亡くなったが、彼女の後任は誰になるのだろう?

これほどの書き手を数冊しか読まずに過ごしてきたとは。。情けないです。
狭量な私はこういうヘマをときどきしてしまうんですね。残念さを挽回するために他の作品を読んでみます。
posted by 北杜の星 at 07:43| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック