2016年11月25日

小倉崇「渋谷の農家」

タイトルに驚いた。渋谷に農地や農家があるの?!
練馬や世田谷や杉並ならいざしらず、あの渋谷に。

地べたの農地ではなかった。
ビルの屋上で野菜を作っているのだった。
「それじゃぁ、家庭菜園じゃない」と言う向きがあるかもしれないが、そうではない。
そうではないところにこの本の著者の矜持がある。

著者は出版社勤務を経て現在は、出版や広告に活躍していて、日本全国の有機野菜を取材する農業ライターでもある。
これまで取材してきた農家の人たちに触発され、かねてより関心の深かった農業を自分でも始めてみようと、渋谷の農家となったのだ。
日照などを考慮して移動できるように大きなプランターに(じっさいには重くてそうは移動できないが)に土をいれ、排水を考え、みんなで野菜を育てている。
都会の真ん中とは思えないほど、生育はよい。
けれどここでも獣害があるんですね。猿やイノシシはいないけど、カラスやネズミにごっそり作物をやられることがある。

しかしこの本のメインは著者の畑だけではなく、日本全国で頑張っている農家の人々が紹介されていることだ。
作るのは有機栽培での、米、野菜、オリーブ、麻、ニンニク、リモーネ(レモン)などなど。
面白いのは彼らの大多数が根っからの農業ではないこと。人生半ばから農業を始めた人たちなのである。
生れ育った地、移住した地・・選択はそれぞれだが、みんな有機栽培や自然農法に取り組んでいる。

でも大変だ。
成功している場合もあるが、農業だけで一家を成すのは困難なようで、なかには農業での収入は一カ月4〜5万円にしかならず、道路工事などのアルバイトや奥さんの仕事で助けられている場合もあるようだ。
それはそうだろう、と思う。
だって昔から東北などの農家の人たちは農業だけで食べていけないから、冬の間に都会に出稼ぎに行ったのだもの。

私にとって興味ある記述があった。
神奈川県の藤野という小さな町がある。、中央道に藤野ICがあるのでご存知の方もいるだろう。
西に向かって車を走らせていると、左の山にハートマークのついた封筒の看板が大きく見えてくる。
藤野はアーティストが多く住む町として有名なのだが、そもそも戦時中に、藤田嗣治や猪熊弦一郎らが疎開していて、シュタイナー学校などもあるような自由な雰囲気の町なのだ。
東日本大震災直後には、東京電力に頼らず、電気を自給自足しようという「藤野電力」を有志で立ち上げたことでも知られている。
私も当時その記事を見て、ネットで調べたことがある。ユニークな集落だなと羨ましかった。
著者の友人がここで農業を始めたのだそうだ。

最近は農業をしてみようという人たちが増えている。
私の住むここ八ヶ岳南麓にも3・11以降、若い家族が農業をするために移住してきている。
限界集落が多くて、耕されなくなった田んぼや畑を借りて、有機栽培に取り組んでいる。
私の家の下にも、今年の春から若い農業グループがそうした畑を借りて頑張っているようだ。
「どこかこの集落に、古家を貸してくれるところはありませんか?」と訊かれるが、ないんですよね。あってもなかなか地元の人は貸したがらない意。
そのグループの人たちはどこから畑をしに、やって来ているのだろう?

男性たちだけではない。最近では「農業女子」がずいぶんたくさんいて、私が毎日食べている無農薬玄米も、3人の女性が共同で作っているものだ。
彼女たちの生活が農業だけで成り立っていけるように、できるだけの応援をしてあげたいと、その玄米の美味しさを友人たちに宣伝しているが、みんな一度食べるとその美味しさに、リピーターになっている。

食べものを自分で作る人間は「強い」。
これほど強いことはないと思う。何が起こっても大丈夫の、根源の強さを持っている。
食料自給率が高い国こそが、本当の文化国家だと私は考えている。
「渋谷の農家」、いいですね!
posted by 北杜の星 at 08:02| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ア行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。