2017年01月30日

森川すいめい「その島のひとたちは、ひとの話をきかない」

「精神科医、『自殺希少地帯を行く」という副題のとおり、精神科医である著者のフィールドワークがルポされている。
このタイトルに惹かれて読むことにしたのだが、かなり面白かった。
日本の自殺者の多さはかなり以前から言われているが、同じ県であっても地域によって自殺の多い土地もあれば少ない土地もある。
その差はどこからきているのか?住人たちに違いがあるのか?

そう、あるみたいなんですね。その土地土地による差が。
人にやさしくて至れり尽くせりのところが自殺希少地帯と思いそうだが、そうではないようだ。
むしろ人と人との距離が適正に守られているところの方が、自殺は少ないらしい。

例えば、人口2千人の町(村?)で、名前は知らないが顔は知っていて、挨拶はする程度。
自分の意見は相手にかまわずに述べる。(ひとの言うことはきかない)。
同意見に迎合しないので、そういう土地には派閥ができない。
クールに見えるが、自分にできないことを頼まれたら、からなず他のひとに訊いてみる。
助けるときはとことん助ける。

著者はある土地に行き、櫛を忘れたことに気付いて、町の雑貨屋さんに櫛を買いに行った。
けれどその店には櫛は置いていなかった。
あきらめて帰りかけたら、その店の主人は家の奥から4本の櫛を持って来て「どれがいいか?」と尋ねたという。
あっけにとられて返事ができないでいるとその主人は「あ、この黒いのがいいよね」と言って、水で洗って彼に手渡したそうだ。
また、自殺希少地帯の近くでヒッチハイクをしたら、車を止めて乗せてくれたのは、すべてその土地のひとの車だったとか。

クールだがあいさつを言い交わし、天気の話をしたりする関係が、人を孤独にさせない。
ある町にはいたるとこいろに「ベンチ」がある。住人は歩いて疲れたらベンチに座る。
坐っていると前を人がとおるのでちょっと話をする。
また、村や町には屋根つきのバスの停留所があるが、家を出てそこに坐って人と会話をする。
なんとくことのないちょっとした会話。でもそれが人を救うのだ。


ふだんは放っておいてくれる。
でも必要とあらば手を貸す。
・・そんな人間関係があるところがどうも、自殺希少地帯のようなのだ。
そこではみんなかなり我が強そうだ。我を通すだけの風通しの良さがあるということかもしれない。
自分勝手といえば自分勝手なのだが、助けたといって恩着せがましさはない。自分が自分の意思でしているというスタンスなのだ。

もっともある村人は「私はあの村が大嫌いだから出た。」と言う。
嫌いな人が出てゆくから、そこには自殺する人がいないのだと。
うーん、そういうことも言えるのかな?
だけど私にはなんだかそういう地帯って、心地よさそうに映るんですけど。
posted by 北杜の星 at 07:56| 山梨 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック