2009年10月27日

若合春侑「蜉蝣」

若合春侑(わかい すう)は、もう何年も前「脳病院へまゐります」を読んだきり。
ものすごい筆力と物語の強烈さの毒に当てられた感じで、そのあとが続かなかった。
でもいつもどこかで気になっていたような・・
先日ライブラリーに行ったら、この「蜉蝣」という字と、若合春侑という字が、私の目を射た。
こういうのが縁というもの、そしてこういうふうに選んでみて、間違ったことがあまりないのが不思議のだが、今回も当たりでした。

「蜉蝣」はすべて旧字で書かれている。
それが昭和初期の雰囲気をよく表している。
乱暴な括りかたをすると、この小説は「SMもの」「心中もの」という、いささか物騒な題材を扱っている。
これ好きですと言うと、「ハッチさんの趣味ってそうなの?」と勘ぐられそうだけど、決してそのようなことはありませんので。
だけどこの作品は悪くなかった。

SM描写が強ければ強いほど、人間の悲しさが浮き立ってくる。
ゆきあたりばったりで生きてきた主人公の帰依の愚かさ・・
そしてSMのむなしさ。
愛情の示し方はそれぞれかもしれないが、やはり行過ぎたSMの先には破滅しかない。
また肉体があっても純愛はできるのも、悲しい。

表紙には、「責め絵」画家の伊藤晴雨という実在のひとの美人画が載っている。
これが「責め絵」かどうかは私には判じかねるが、これから帰依を想像してしまう。

こうしたいろんな「責め」が「いろは」歌留多として書かれているけれど、「い」は石、「ろ」は蝋燭、「は」は針・・
怖いなぁ。痛そうだなぁ。
「に」以降を想像してみたのだが、私のイメージが貧困なせいか、なんにも思いつかなかった。
でも、「に」は煮え湯、「ほ」は鉄板の上であぶることを意味する言葉が書かれてあった。
ほんと、いろいろあるんですね。
どうして人は人を心地よくすることではなく、苦痛を与えることをこんなにも考えつくのだろう。
これほど暗い情熱を持つ目的が、快楽のためだなんて、本当に理解不能だ。

こういう、性から人間の根源を描こうとするこの作家は、やはりどこか気になる存在です。
posted by 北杜の星 at 08:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

和田昌親「逆さまの地球儀」

著者は日経新聞者のサンパウロ特派員として南米に赴任。
以後欧州編集総局長、日経アメリカ社社長などを歴任した。
つまり世界を知っている人である。
それも日本から世界を見るだけでなく、世界各地に立ち地球規模で世界をとらえている人のようだ。

タイトルの「逆さまの地球儀」というのは、ラテン・アメリカを中心にしたら地球はどう見えるかを書いたもので、自国の立場、他国の立場の視点が、ちょっと変化しますよという本である。
昔田中角栄が首相のころブラジルを訪れ、ブラジルのことを「地球の裏側」と呼び、ブラジル日系人たちの不興をかったというが、それは自分中心に物事を考えているゆえに出た言葉だろう。
地球に表や裏はない。
それと同じことが日本でも言えて、以前は「表日本」「裏日本」と言っていた。
今では「太平洋側」「日本海側」と呼ぶようになったが、長い間「裏」と言われてきた土地の人びとは、いやだったろう。

この本には中南米についての雑学が詰まっている。
本を読んでも、ラテン・アメリカ文学は、ボルヘスとマルケスくらい。
それも幻想小説や、複雑な人間相関が苦手な私には、すごく手こずる。
・・つまり私、何にも知らないのだ、中南米のことは。
いろんな映画によって不安定な政権のことを少し垣間見ただけ。

中南米の国々の反米感情は強いものがあるみたいだ。
親米国もあるにはあるが、左翼的な国が多い。
そして基本的には彼らはアメリカ合衆国を信用していない。
それは過去ずっとCIAが工作して政権を覆そうとしたことを知っているからだ。

お膝元のキューバの革命に対しても、合衆国のしてきたことは、なんだか大人気ない。
大国の鷹揚さがないのだ。
いまだに厳しい経済封鎖を続けている。
よっぽど、沽券を傷つけられたのだろう。

その合衆国でラテン・アメリカ人はマイノリティではなくなりつつある。
何十年かすると黒人の人口を超えて、彼らのなかから大統領が出るかもしれない。
ヒスパニックと称されてきた彼らは、現在「ラティーナ」と呼ばれている。
ラテン人というスペイン語は、ヒスパニックのように蔑視的には感じられない。

日本も、日本に滞在しているブラジル日系の人たちをもっと大切にするほうがいい。
日系だけではなくて、他国の人や難民を受け入れて、大きな視野にたって地球を見据え、これからの世界に順応できる国になることが必要だと思う。
どうしてこの国はこんなにも排他的なのだろうか。
それで損することはあっても、得することは何にもないのに。
こういう排他性が、日本の学校で起こっている「いじめ」にも通じているのだ。
大人がそんなのだから、子供が親と違うようには育たないでしょ。

ラテン・アメリカか・・行きたいなぁ。
でもあまりにも遠いよなぁ。
posted by 北杜の星 at 07:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

和田努編著「日本の医療を変える」

著者はNHKに入社後、プロデューサー、ディレクターとして活躍。現在はフリーのジャーナリストとして医療や福祉の分野をメインに著作をしている。

日本の医療崩壊が懸念されてもう久しい。
社会というものは、年々進歩し向上するものと考えていた私には、昨今の社会のいたるところで見られる後退には、「どうしてこんなことに!?」と唖然とするばかり。
しかし永遠に発展し続ける社会というのが、そもそも幻影に過ぎなかったのかもしれない。
ただ、人間は病む。老いる。それは厳しくつらいことだ。
自分がそろそろそういうことが身近になってきている年齢だけに、他人事とは思えない。
もしそうなったら、私はシステマティックな医療は望まないが、せめて優しく接してもらいたいものだと願う。
あの鳥取の「野の花診療所」の徳永進先生のように、ジタバタするであろう私に「死ぬだけなんだよ」と言ってもらいたい。

この本は対談形式で成り立っている。
対談の相手はほとんどが現役もしくは元医師。
なかに日本看護協会会長の久常節子氏が看護師の立場から、また作家の三木卓氏が患者の立場から対談している。

聖路加病院の日野原重明先生もいるのだが、これを読むとやっぱり日野原先生はすごい人だ。
先見の明、実行力、経営手腕・・どれをとってもやはりただものではない。
聖路加病院の前に、高級老人マンションが入っている聖路加タワーがあるが、この建物を、定期借地権法が施行されて最初の物件として売却。
その地代を得ることで、病院の赤字を補填しているという。
また日本の法律は変えるのに20年、30年かかる。遅々として進まない。だから時として法律を無視してでも患者のためになると思われることは実行すると話されていることなど、「うーん、すごい」と唸ってしまう。
もちろん定期借地権に関しては適切なアドバイスをしたブレーンがいたのだろうが、その決断力はたいしたものだし、法律を破ってまでも実行するという、プライオリティが何かを重要視し、その責任は取るというスタンスも感嘆に値する。
日野原先生には120歳くらいまで長生きしていただいて、日本の医療を変えてもらいたい。

日本の医療問題は山積している。
まず都会と地方の医師の数の隔たりが大きい。
でも実際には、都会にだって研修医が多く、すぐに役に立つ医師が多いわけではないのだけれど。
病院の勤務医は超ハードなシフトで働いている。
医師の中でも、産科医、小児科医、麻酔科医はなりてがない。
これは患者側からの訴訟が多いのが原因だ。
また看護師も長続きしない。これも仕事がハードなため。
特に最近では、入院期間が短く設定されるようになり、病院には重症患者ばかりとなり、ひとときも気が抜けない。
人間、誰でも緊張感はそうは長く持続できないものだ。当然医療ミスが起こりやすくなる。

ため息をつきたくなることばかり。
心優しい医療というのは、ゆとりがなくては不可能ではないだろうか。
そのゆとりがなくなっているのだから、これはまったく行政の問題だと思う。
なんでも政治が悪いというのは嫌いだけど、でもこのことに関しては、政治が悪い、と私は言いたい。
そういう意味では、医師などの医療関係者だけではなく、政治家や厚生労働省の役人にもインタビューしてもらいたいものだ。
posted by 北杜の星 at 08:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

渡辺政隆「一粒の柿の種」

日本の大卒者の7割は文系だとこの本にある。
文系を選ぶ理由には、数学や理科が苦手だからということが多い。
なぜなら、こういう人たちは数学や理科は難しいと思い込んでいるからだ。
この7割の人たちが、もし理科(サイエンス)の楽しさを知ったなら、人生はより豊になるのではないかと、著者の渡辺氏は考える。
そしてサイエンス・ライターとしてこの本を書いた。

理系といっても、私の夫のような工学系も含めてなので、純粋サイエンス系となると、もっと少ないと思われる。
ということは、まぁ理系の人間は世の中の人口の2割弱しかいない。
みんなが私のような理系音痴ではないにしても、これではもったいない。
理系音痴の私でさえも、50歳近くになってあることがきっかけで自然科学が好きになり、日進月歩の分子生物学を学ぶために早稲田大学のエクステンション・カレッジに通ったくらいだ。
要は、「科学は面白いもの」と思わせることが重要なのではないだろうか。
せめてせめて、学校の理科の授業がもっと楽しかったら、と残念がる人多いと思う。
(今年から理系専門の公立高校が設立されたのは喜ばしい)

サイエンスというと日常とかけ離れている学問のように考えてしまうが、ダーウィンにしてもニュートンにしても、えんどう豆やりんごから始まったのだ。
生活のなかで「これは一体なんなんだろう、何故なんだろう」の疑問から展開されるものなのだと思う。
ただサイエンスを私のようなレベルの人間にまで浸透させるには、研究者ではなく、やさしい言葉で説明してくれるガイドが必要となる。
例えばTVや雑誌で見かけない日はないくらい売れっ子の脳科学のK・M氏。
彼はすでに研究者とはいえないだろう。あんなにメディアに登場していれば物理的に研究をしている時間などないはずだから。
しかし彼の存在理由はおおいにある。彼は脳科学の広報担当なのである。
彼が自身のK理論を含め脳のことを話してくれることで、脳に興味を持つ人が増えて脳科学の裾野が広がるとしたら、それは素晴らしいことではないか。

この本は、サイエンスのコミュニケーションのパイオニアとしての著者が、ダーウィンからの古今東西の研究者たちのエピソードを教えてくれるものだが、思わず笑っちゃう話もあって、本当におもしろいものだ。
どうしてこんな話が学校の授業でできないものか・・

タイトルの柿の種のことなのだが、
どうして標高の高い土地に甘柿を植えても、数年経ったら渋柿に変わるのか。
気温ではないようなのだ。気温がより低い土地でも標高が低ければ甘いままの柿が生る。日照とも関係がないみたい。
柿は気圧を感知することができるのかしらん、と思ってしまうほどなのだ。
どうも分かれ目は標高700〜750メートルくらいな気がするのだが。
私たちの山梨県の家は標高850メートル。ご近所にたくさんある柿の木はぜんぶ渋柿。
渋は渋で干し柿にできるのだけれど、最近の農家の人はあまり干し柿など作らないのか、実を採ろうとしない。
あれが甘柿ならなぁ、とうらみっぽい眼で私たちは眺めている。
この謎、どなたか教えてください。

posted by 北杜の星 at 08:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

渡辺球「象の棲む街」

近未来の荒廃した社会に生きる若者たちが主人公になっている連作短編集。
初読みの作家さんだった。
近未来といってもSF的ではなくて、なんというか暗く重い終末観漂う雰囲気である。
映画にするといいだろうなと思いながら読んだのだ。
暴力はあるし、食べ物さえないほどのみじめな場面がたくさんあるのだけど、全体に統一感があって、それにどっぷり浸って読み終えた。

この本の怖さ、おぞましさが、リアリティを持つのが、なおのことコワイ。
近い将来、日本や東京がこうなってしまうかもしれない・・あながち架空のことではないような気がして。
そこらへんのつくり方、この渡辺球という人、上手ですね。

暗澹たる彼らの世界に「象」が象徴的に使われている。
ここでは「象」は現実の動物としてではなく、遠い昔に居た生き物としてみんなの心の中にいるのだ。
だれも実際に「象」をみたことはない。うわさで「象」がいるらしいと聞くだけだ。
「象」が居た時代、世界はもっと明るく平和で人々は優しかったにちがいない・・そんな遠い光のような存在が「象」なのだ。
「象」のもってきかたも、私は面白いなと感じながら読んだ。

荒っぽいところや、終わり方が「えっ!」というところなど、好き嫌いはあるだろうけれど、私は単純に楽しめた。
この渡辺球の「像の棲む街」は第15回日本ファンタジーノベル優秀賞を受賞している。
ファンタジーといってもあまやかなファンタジーではありません。
posted by 北杜の星 at 08:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

綿矢りさ「夢を与える」

「夕子は虹から生れ落ちたかのような、現実離れして可愛らしい完璧な赤ん坊だった」

四分の一フランス人の血の入った阿部夕子は、5歳の時にモデルに、中学生の時にタレントとなる。
「夢を与える」仕事と、母からも事務所からも言われる。
しかし夕子には、この意味がわからない。
「たとえば農業をやるつもりの人が『私は米を与える仕事がしたいです』って言う?」
「まぁ聞いた事はないわね」
「でしょ。そう、『与える』って言葉が決定的におかしいんだと思う。
お米は無理で夢だけが堂々と『与える』なんて高びしゃな言い方が許されているなんて、どこかおかしい」

あることからタレントとして大ブレークした夕子は、超多忙な生活を送るようになる。
しかしボーイフレンドとのホテルでの密会の映像がネットで流出し、彼女は危機に陥る。

「夢を与えるとは、他人の夢であり続けることなのだ。
だから夢を与える側は、夢を見てはいけない。
恋をして夢を見た私は、初めて自分の人生をむさぼり、テレビの向こう側の人たちと十二年間繋ぎ続けてきた信頼の手を離してしまった。
一度離したたその手は、もう二度と戻ってはこないだろう」
「夢を与える」ことがどういうことかわかった時に、夕子は夢に敗れた。
しかしそもそも、その夢は本当に夕子が望んだものだったのか。

史上最年少で芥川賞を受賞した綿矢りさの最新長編小説である。
学業を終えて、創作活動に本腰を入れた最初の作品でもある。(芥川賞受賞後第一作?)
面白くないことはなかったが、筋運びがあまりに定石通り。
ステージママの母親、タレント活動に反対し夫婦仲が壊れる父親、事務所の社長、マネージャー・・
登場人物がみんな類型的過ぎて、読む前から「こうなるんだろうな」とミエミエ。
ミステリーじゃないのだから、ストーリーがわかってもそれは構わないのだけれど、こうまでパターン化されていると少々退屈だ。
夕子の両親の問題がもっと深められていれば、よかったのだけれど。

こんな筋立てで少女劇画になっていないのは、立派だと、そこは誉めてあげよう。
でも「虚しい」というには、夕子ちゃんは若すぎて、
「痛々しい」というには、あまりにオバカで、
「やり切れない」ほどの切実さも、私には感じられなかった。
困ったなぁ。やはり少々退屈という言葉がぴったりなのかな。
そういえば、「蹴りたい背中」も私には退屈だったんだっけ。
posted by 北杜の星 at 08:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

鷲田清一「『待つ』ということ」

この本は「待つ」ということをあらゆる方向から古今東西の文学作品を引用しながら考察したものである。
著者が臨床哲学を専攻する人らしく、中にはかなり哲学的なものもある。
前書きに「待たなくてよい社会になった」「待つことができない社会になった」とあるが本当だ。

「待ち遠しくて、待ちかまえ、待ち伏せて、待ちあぐねて、待ちぼうけ、待ちこがれ、待ちわびて、待ちかね、待ちきれなくて、待ちくたびれ、待ち明かして・・」と待つ状況の多さにあらためて驚く。
待つことをテーマにした小説、演劇、映画のナント多いことか。
この作品の中にも出てくるベケットの「ゴドーを待ちながら」なんて、その典型。ああなると何を待つのか、何のために待つのかではなく、待つために待っている感じである。
待つことがロマンティックで絵になった時代は終わったのか。

私など性格からか、待つことが好きではない。好きではないから相手も好きではないだろうと、待ち合わせにはなるべく遅れないようにする。そして待たされてイライラしてしまうのだから、相手に罪はない。
源氏物語が嫌いだ、というと、まぁあの不朽の名作が好きでないなんて、教養のないこと、と言われそうだが、もちろん古典に素養のないこともあるのだが、男が来るのをひたすら待つというのがなんとも耐え難い。そんな小説読みたくないよ、というのが正直な気持ちなのだ。

けれど本当に一分間が待てない社会になってしまった。
ダイヤルアップ接続がADSLになって、何て速いんだろうとうれしかったのも束の間、ヒカリはもっと速い。
カップラーメンの3分間について、ラジオが言っているのを聞いたのだが、3分は長すぎるから1分待てばできる商品を作ったそうだ。それは成功したのだけれど、沸騰した湯が1分後ではまだ熱過ぎて、カップが持てなかったり、火傷をしたりするので、結局その商品はボツとなったらしい。
物理的にも待つことの必然はあるのだ。
ましてや精神において、待つことはきっと何かの意味を持つに違いない。待たずにただ点から点に走っていくのでは、観察は生まれないし、思考も生まれない。
イライラ、セカセカの私はこの本を読んで、自分の精神性の浅さの元凶がなんなのか、すこし認識できた気がする。
posted by 北杜の星 at 10:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ワ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。